神戸市での訪問介護は有限会社あけぼの介護センターにご用命ください。

神戸市の訪問介護・あけぼの介護センター

有限会社あけぼの介護センター > 介護サービスについて

介護サービスについて

介護保険制度

介護サービスは介護保険制度により定められたサービスです。
40歳になったらすべての人が介護保険の被保険者となり、自動的に介護保険に加入し、保険料を納めることになります。
被保険者になるには手続きがいらない介護保険ですが、病院の窓口で保険証を見せるだけで医療費が安くなる医療保険とは違い、介護保険のサービスを利用されるには、要介護認定の申請手続きが必要です。


◆ 要介護認定の対象 ◆

老夫婦

65歳以上の方(第1号保険者)

特に問われません。要介護認定により、「要介護」または「要支援」と判断された方が利用可能対象者となります。


40歳〜64歳までの方

「16種類の特定疾病」により「要介護」又は「要支援」と判断された方が利用対象者となります。


◆ 16種類の特定疾病 ◆

・がん(がん末期) ・関節リウマチ ・筋萎縮性側索硬化症 ・後縦靱帯骨化症 ・骨折を伴う骨粗鬆症 ・初老期における認知症 ・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病 ・脊髄小脳変性症 ・脊柱管狭窄症 ・早老症(ウェルナー症候群) ・多系統萎縮症 ・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症 ・脳血管疾患 ・閉塞性動脈硬化症 ・慢性閉塞性肺疾患 ・両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

要介護認定の流れ

@主治医を決める

要介護認定で主治医の意見書が必要になります。
かかりつけの病院、医師がいる場合は意見書を書いてもらえるか確認してください。
かかりつけの病院、医師がいない場合は最寄の病院や診療所で診察を受けるか、
地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、介護保険施設などで相談してください。

A市区町村の窓口で手続きを行う

介護保険担当の窓口へ行き、介護保険申請書(要介護認定申請書)に必要事項を記入して、
申請を行ないます。


申請に必要な物
○介護保険被保険者証、または医療保険被保険者証
○認印
○かかりつけの病院診察券

申請は、地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、介護保険施設などに代行して
もらうことも可能です。

B訪問調査

申請後、1週間以内に訪問調査員(認定調査員)が自宅を訪ね、認定調査を行ないます。
アンケート形式で、申請者本人や家族、介護をしている人などに聞き取り調査をします。

C審査(一次判定)

訪問調査の結果をコンピュータ集計で判定を行います。

D審査(二次判定)

介護認定審査会での審査判定を行います。

E結果判定

「要介護(5段階)」、「要支援(2段階)」又は「非該当」の結果が通知されます。
※申請から要介護認定の結果が出るまで約1カ月ぐらいの期間です。


要介護度、要支援度の種類

要支援1日常生活上のことはほぼ自分で行なえるが、現状の悪化防止や要介護状態予防の為、少し支援が必要。
要支援2機能がわずかに低下し、日常生活を送るうえで支援が必要。
要介護1自力での立ち上がりや歩行がやや不安定。
排泄や入浴など日常生活において部分的な介護が必要。
要介護2自力での立ち上がりや歩行が困難で、支えが必要。
排泄や入浴など日常生活において部分的または全般的な介護が必要。
要介護3自力での立ち上がりや歩行ができない。
排泄や入浴など日常生活において全般的な介護が必要。
要介護4立ち上がりや歩行などの動作がほとんどできない。
介護無しでは日常生活を営むのが困難。
要介護5生活全般において介護なしでの生活は不可能。
理解力低下により意思の疎通も困難。

対応地域 >>> 神戸市兵庫区・神戸市中央区・神戸市長田区・神戸市北区・神戸市灘区・神戸市東灘区・神戸市須磨区・神戸市垂水区・神戸市西区